2020年6月9日 |

エフセキュア、個人情報漏えい対策用新製品「F-Secure ID PROTECTION」を発表

利用するモバイルデバイスでのパスワード作成/管理とデータ漏えい時の通知/復旧機能を提供

先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Samu Konttinen、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、個人情報やアカウントの安全性を確保するコンシューマ向けの新製品「ID PROTECTION」の提供を開始したことを発表しました。同製品はオンライン上で公開されている個人情報を継続的に監視・検出し、ユーザの個人情報に対する脅威に迅速に対応し、また、アカウントの乗っ取りを防ぐためのパスワードマネージャ機能も備えています。このソリューションは、攻撃者の考え方や手法に対する深い理解を持つエフセキュアの経験/スキル/テクノロジーに基づき、ヒューマンインテリジェンスとリアルタイムモニタリングの強力なコンビネーションを提供し、侵害されたデータをトラッキングします。

個人情報の流出が引き起こす結果について、エフセキュアのコンシューマ向けセールス/マーケティング担当バイスプレジデントであるPerttu Tynkkynen (ペルトゥ・ティンキネン) は次のように語っています。
「データが流出した場合、数ヶ月以内にダークウェブ上で取引される可能性があります。その後コンボリストに登録され、高度な攻撃の標的にされやすくなります。オンライン犯罪者は、人々の認証情報を得てオンラインアカウントを簡単に乗っ取り、クレジットカードを使って商品を注文することができます。このような事態は、ニュースなどでデータ流出が人々の目に触れるに起こりことがあります。」

エフセキュアが最近実施した調査によると、10人に約4人 (37%) のユーザが、利用しているオンラインサービスにおけるデータ漏えいに最低1回は遭っていることがわかりました。*1 調査対象者は、平均18.1個のアカウントを持っており、41%が複数のアカウントで全く同じパスワードを使用、56%が複数のアカウントでほぼ同じパスワードを使用していることを考えると、漏えいした1件の個人情報は、あっという間に十数件以上のアカウントの漏えいにつながる可能性があります。こうしたセキュリティに対する意識の低さの一方で、インターネットユーザの約3分の2 (65%) が、自分の情報が盗まれてオンラインショッピングやローン詐欺に利用されてしまうことに懸念を持っている、または、強い懸念を持っていると回答しています。*2

「パスワードを作成する際に強力でユニークなパスワードを1つでも思いつくのは大変で、ましてやそれを20種類というのは至難の業です。また、ユーザが適切な対策をとっていたとしても、オンラインサービス自体が侵害される可能性があります。このようなリスクが蔓延しているため、オンライン上の個人情報を保護し、IDやアカウントを強固なものとし、そして個人情報が『野放し』になっていることが判明した際には直ちに警告を発する、という新しいアプローチが必要なのです。」と、Tynkkynenは述べています。

包括的なアプローチを提供するF-Secure ID PROTECTIONは、以下のような機能で個人情報盗難のリスクを低減させます。

  • 個人情報が侵害や流出データの一部として発見された場合に即座にアラートを出し、対応方法を説明
  • 数十億の漏えいしたハッシュデータとプレーンテキストパスワードで構成される、エフセキュアの包括的侵害データベース
  • ヒューマンインテリジェンスとダークウェブ監視のコンビネーションで、他社サービスと比較して、侵害された生データを暗号化データから最大6ヶ月早く復旧
  • 1つのライセンスで家族全員を保護
  • ユニークで強力なパスワードを自動的に作成し、利用する全てのデバイスで自動同期/自動入力を実現するパスワードマネージャ

F-Secure ID PROTECTION は、F-Secure TOTALの一部として提供され、Android および iOS デバイス向けに月額/年額両方の料金プランが用意されています。ソリューションと 個人情報保護の方法に関する詳細は、F-Secure ID PROTECTIONのWebページをご覧ください。
http://www.f-secure.com/id-protection

 

料金プラン

新規契約ユーザ F-Secure KEYユーザ
月額プラン料金 (税込み/月) 4.99ユーロ (585円) 3.99ユーロ (499円)
年額プラン料金 (税込み/年) 39.90ユーロ (4,950円) 29.90ユーロ (3,499円)

* エフセキュアは、ユーザのメールアドレスや漏えいした情報を保存いたしません。

*1
F-Secure Survey, April 2020, 11 countries (USA, Japan, UK, France, Germany, the Netherlands, Italy, Sweden, Brazil, Mexico, South Africa), 400 respondents per country = 4,400 respondents (+25years)
*2
F-Secure Survey, May 2020, 12 countries (Brazil, Finland, France,  Germany, Italy, Japan, Mexico, the Netherlands, Poland, Sweden, UK, USA), 400 respondents per country = 4,800 respondents (+25years)

 

エフセキュアについて

エフセキュアほど現実世界のサイバー脅威についての知見を持つ企業は市場に存在しません。数百名にのぼる業界で最も優れたセキュリティコンサルタント、何百万台ものデバイスに搭載された数多くの受賞歴を誇るソフトウェア、進化し続ける革新的なセキュリティ対策に関するAIテクノロジー、そして「検知と対応」。これらの橋渡しをするのがエフセキュアです。当社は、大手銀行機関、航空会社、そして世界中の多くのエンタープライズから、「世界で最も強力な脅威に打ち勝つ」という私たちのコミットメントに対する信頼を勝ち取っています。グローバルなトップクラスのチャネルパートナー、200社以上のサービスプロバイダーにより構成されるネットワークと共にエンタープライズクラスのサイバーセキュリティを提供すること、それがエフセキュアの使命です。
エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細はhttps://www.f-secure.com/en/welcome (英語) および https://www.f-secure.com/ja_JP/ (日本語) をご覧ください。また、Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

 

————————————————————————-

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

エフセキュア株式会社
広報部  秦 和哉
TEL:03-4578-7745 (直通)
japan-pr@f-secure.com

最新のプレスリリース

2020年7月1日

エフセキュアのクラウド環境向けセキュリティ製品、ヤフーのカスタマーサポート部門で採用

添付ファイルやURLの安全性を確保、スタッフ/ユーザに大きなメリットを提供

2020年6月11日

エフセキュア、9月末まで無償利用可能なクラウド環境向けセキュリティ製品のキャンペーンを実施

新型コロナウイルス対策として、企業のクラウド環境へのセキュアな移行をサポート

2020年6月9日

エフセキュア、個人情報漏えい対策用新製品「F-Secure ID PROTECTION」を発表

利用するモバイルデバイスでのパスワード作成/管理とデータ漏えい時の通知/復旧機能を提供

2020年5月26日

Androidスマートフォンのセキュリティ、エフセキュアが警告

日本で多くのユーザを持つSamsung Galaxy S9も対象機種に

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。