2019年4月3日 |

エフセキュア、安心・安全なネット接続を実現する「F-Secure SAFE」をSo-net契約者向けにカスタマイズし提供開始

家族のスマホ/タブレット/PCを最大7台まで保護、子供たちにも安全なネットライフを

2019年4月3日: 先進的サイバーセキュリティテクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Samu Konttinen、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 (代表取締役 執行役員社長: 髙垣 浩一、本社: 東京都品川区、以下ソニーネットワークコミュニケーションズ) と、エフセキュアが全世界でコンシューマ向けに提供中のセキュリティ製品「F-Secure SAFE」をSo-net契約者向けにカスタマイズしソニーネットワークコミュニケーションズの自社ブランド「S-SAFE」として、本日サービスの提供を開始します。

S-SAFEはソニーネットワークコミュニケーションズがSo-netの契約者に対し、オプション・サービスとして月額500円 (税別) で提供します。1契約につき7台までのスマホ/タブレット/PCでの利用が可能です。契約者本人だけでなく家族とサービスの共有ができ、今後増加するデバイスに柔軟に対応し、安全なインターネット接続環境を実現します。また、S-SAFEにはサンドボックスやパターンファイル、ファイルレピュテーションなどの複数テクノロジーを組み合わせたウイルス・スパム対策機能、フィッシング対策などのインターネットセキュリティ機能が備わっており、家族全員をネット上の様々な脅威から守ります。さらに、ペアレンタルコントロール機能による子供が閲覧可能なWebサイトのカテゴリ指定、1日にインターネットを利用できる時間帯や合計時間の制限などが設定でき、子供のいる家庭でもネット依存の心配なく、安心して子供たちにインターネットを使用させることができます。(注1)

今回の「S-SAFE」のサービスの提供の開始について、エフセキュアの通信ビジネス責任者・役員であるSteve Taylor (スティーブ・テイラー) は次のように述べています。
「今回のサービス提供の開始を心より誇りに思います。ソニーネットワークコミュニケーションズのサービス利用者が安心してネットライフを謳歌され、またそれにより両社のビジネスが長期に渡って拡大していくことを期待しております。」

S-SAFE」の特長:

  • 独AV-TESTのベストプロテクションアワードを8年間に6回受賞した、F-Secure SAFEをベースとしたエンドポイントセキュリティソリューション
  • iPhoneやAndriodにも対応した、マルチプラットフォームサービス
  • デバイスの一元管理が可能なWebベースの管理コンソール (盗難・紛失対策、子供の見守りなど)
  • デバイスを自由に追加/削除
  • ペアレンタルコントロール機能により、子供たちをネット上の脅威から守り、利用制限で使い過ぎを防止
  • バンキングプロテクション機能により、ネット上での安全な金融取引や決済を実現
  • 7台までの端末に利用可能で、家族が安心してインターネットを利用できる環境を提供
  • エフセキュア独自の高精度セキュリティエンジンを搭載

S-SAFE」が提供する機能: (1)

  • ウイルス対策
    • リアルタイムウイルス対策
    • マニュアルスキャン
    • スケジュールスキャン
    • サンドボックス検査
    • ファイルレピュテーション検査
    • 振る舞い検知
    • Webトラフィックスキャン
  • インターネットセキュリティ
    • 危険なURLへの接続防止
    • 検索結果の安全性表示
    • バンキングプロテクション
  • ペアレンタルコントロール
    • URLフィルタリング
    • 利用時間帯/合計利用時間の制限
    • アプリの制限
  • その他
    • 端末紛失時のファインダー

注1:  提供される機能はOS毎に異なります。

※ 本リリースに記載の会社名/製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。

◆ソニーネットワークコミュニケーションズについて

ソニーネットワークコミュニケーションズは、「So-net 光」や超高速通信を実現した「NURO 光」などの光通信サービス、「nuroモバイル」をはじめとするモバイル通信サービス、企業向けクラウドサービスなど、多様なニーズに応えるサービスを提供しています。「“つながる”から未来を創る」というミッションのもと、2018年10月よりスマートホームサービス「MANOMA」の提供を開始するなど、IoT事業および新規事業への取り組みを加速させています。

詳しくはhttps://www.sonynetwork.co.jp/をご覧ください。

 

◆エフセキュアについて

エフセキュアほどサイバーセキュリティを熟知している企業は市場に存在しません。1988年の設立以来、エフセキュアは30年以上にわたりサイバーセキュリティの技術革新を牽引し、数千社の企業と数百万人のユーザーを守ってきました。エンドポイントの保護と脅威の検出・対応において他企業を圧倒する実績を持つエフセキュアは、巧妙なサイバー攻撃やデータ侵害からランサムウェアの感染の蔓延までを含む、あらゆる脅威から企業と個人ユーザーを保護します。エフセキュアの先進テクノロジーは、機械学習の力と世界的に有名なセキュリティラボのエキスパートの持つ専門知識を組み合わせた、『Live Security』と呼ばれる独特のアプローチに基づくものです。ヨーロッパにおいて、エフセキュアは他のどのセキュリティ関連企業よりも多くのサイバー犯罪捜査に携わっています。エフセキュア製品は全世界200社以上のブロードバンド/モバイル事業者と数千社にのぼるセールスパートナーを通じて販売されています。

エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細はhttps://www.f-secure.com (英語) および https://www.f-secure.com/ja_JP/ (日本語) をご覧ください。また、Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

 

————————————————————————-

■報道関係者向け問合せ先

 

エフセキュア株式会社

PRマネージャ:  秦 和哉

TEL:03-4578-7745 (直通)

japan-pr@f-secure.com

プレス アーカイブ
年を選択してください

最新のプレスリリース

2019年10月17日

エフセキュアのEDR、MITREによるATT&CK評価テストで高い評価を獲得

サイバー攻撃者の侵入手法に対する幅広い対応能力を証明

2019年9月25日

エフセキュア、グローバルコンサルティング部門を設立

金融/航空/自動車/IoTなどの分野のエキスパートがサイバー防御やインシデント対応サービスを提供

2019年9月18日

IoTデバイスへの攻撃が急増、エフセキュアが2019年上半期の攻撃トラフィックレポートを発表

ハニーポットへの攻撃件数は2018年上半期の12倍に

2019年8月9日

エフセキュア、F5 BIG-IPの重大な脆弱性について警告

形跡を残さず侵入し、Webサービスを利用するユーザに攻撃を仕掛けることが可能に

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。